ラットタットで脱毛を受ける際に知っておきたいこと

ラットタットで施術を受けたいけれど…


脱毛の施術を受ける場合、まれにさまざまな事情で施術をお断りされてしまうことがあります。

持病がある人、アレルギーを持っている人などがそれにあたりますが、皮膚にちょっとした問題がある場合も、施術を受けられないことがあるようです。

例えば、無事施術を受けることができた場合でも、ほくろがある箇所は光を当てることができないので、その部分は保護テープのようなもので保護をして、光が当たらないように施術をします。

もし、ほくろからムダ毛が生えていたとしても、その部分は施術を受けることができないのですね。

ほくろはメラニン色素が強く出ていることから光を当てることができないのですが、ではソバカスがある人も施術を受けることができないのか、この点が気になるという人もいます。

ラットタットは軽いソバカスなら施術OK


ソバカスのレベルについてはそれぞれのサロンによって判断基準が異なるかと思いますが、ラットタットにおいては、軽度のソバカスであれば問題なく施術を受けることが可能とされています。

しかし、その程度においても判断基準に個人差がありますので、まずはカウンセリング時にソバカスを見せていただき、その状態に応じて検討するという形になるようです。

ラットタットを始めとするすべての脱毛サロンにおいて、カウンセリングを一切受けずに施術に入るということはまずないので、カウンセリングはいずれにしても必ず受けるものだという認識をもっておくとよいと思います。

ちなみにラットタットでは、乾燥肌やアトピーなどについても、軽度で施術に影響がないとされるレベルであれば、施術を受けることが可能です。

この場合もカウンセリング時に肌の様子をチェックした上でということになりますが、太陽の光に当たってアレルギーが出てしまうなどの重度の敏感肌でない場合は施術が可能です。

アトピーについては傷のある部分は施術できませんが、症状が安定している部分であれば施術OKとのこと、この点についてもカウンセリング時に確認していただきましょう。


ラットタット

Pick up


ラットタットで脱毛を受けるならアレルギーや乾燥肌、ソバカスのことも気になりますよね。脱毛前にしっておきたいことをまとめました。
BLOG
新着情報