ペースメーカーをつけていても安い医療脱毛はできる?

ペースメーカーをつけているけれど安い医療脱毛したい


安い医療脱毛したいと考えている人の中にはペースメーカーをつけて生活をしている人もいると思います。ただ光を使った脱毛サロンの多くではペースメーカーをつけている人の脱毛を断っていることが多いです。

施術に使う強い光がペースメーカーに影響を与えるという明確な根拠は実際にはないのですが、光脱毛のエステサロンは医療機関ではないため、医者も在駐していませんし、医療知識を持っている人もいないのが現状です。

それ以外にも疾患を持っている人や薬を服用しいている人などは無条件に契約できないというサロンが多くなっています。

施術を受ける側も何かがあってからでは遅いですし、エステサロン側も非常にリスクが高くなってしまうからです。主治医と相談の上、診断書等を持ってエステでカウンセリングを行うことは可能ではありますが、施術を受けることができる可能性は低いかもしれません。

電気脱毛やレーザー脱毛はどうなの?


電気脱毛やレーザー脱毛は医療機関で施術が行われています。ただ電気脱毛に関してはペースメーカーをつけている場合、絶対にしてはいけません。

電気が機械に反応して異常をきたしてしまうためです。またレーザー脱毛に関しては医学的な根拠は一切ありませんが、光脱毛と同じように施術をする側のリスクが高いため断られてしまうことが多いです。

カウンセリングは無料のところが多いですから、まずは相談してみましょう。ペースメーカーをつけていることで不便な生活を強いられている上に、したいと思った全身脱毛ができないというのは残念ですが、命に関わることです。

間違ってもカウンセリングの時点でペースメーカーをつけていることを申告しないなんてことのないようにしてください。


アリシアクリニック

Pick up


ペースメーカーをつけているけれど全身脱毛したい!でもやっぱり施術は無理なんでしょうか。
BLOG
新着情報